millibar

(Source: webmaker.org)

世の中の「反論」には、代表的な5つのパターンがある。

 1.No reasoning (論拠がない)

 2.Not true (うそだ)

 3.Irrelevant (無関係だ)

 4.Not important (重要ではない)

 5.Depend on *** (○○による)

「増税が必要だ」「変化の早い時代だ」「グローバル化が進んでいる」――。現在の私たちはこういう主張を、自明のものとして受け入れがちだ。けれど、少しだけ立ち止まって考えてほしい。これらは本当に正しいのだろうか。「常識を疑え」という言葉をよく耳にするが、「疑う方法」を解説してくれる人は滅多にいない。常識を疑うとは、つまり反論を試みるということだ。

たとえば「増税が必要だ」という主張を目にしたとする。理由はきちんと示されているだろうか。まずはNo reasoningでないかどうかを疑ってみよう。財政赤字が酷いから・社会保障費が膨らんでいるから・同盟国から軍備増強を求められているから――。様々な理由があるだろう。そうした理由の一つひとつは「増税でなければ解決できない」ものだろうか? Irrelevantかどうかを疑ってみるのだ。たとえば巨額の赤字国債ならば、貨幣価値そのものを操作することで解決できる。増税以外の解決策があるなら、増税と財政難との関係は薄くなる。ただし。「貨幣供給を増やせば増税は必要ない」:耳障りのいい説だけれど、すぐに信じてはいけない。Not trueと反論する余地がないか、一度は考えておきたい。……。

レコード会社も事務所も見放した藤圭子を、なんとか復活させようと足掻いてた父親と、歌手としては「壊れて」しまっていた母親と、おまけみたいにスタジオに付いていった小学生の自分と、15歳の宇多田ヒカルの歌には、何代にも渡る表現者としての歴史が秘められている。人は、生まれ、死んで行く。死んだ後に、一つでも二つでも唄を残して死ねたら、それは幸福な人生だったと言えるだろう。合掌。

cjwho:

The living cube by Till Könneker

I moved into a apartment studio without storage room. So i made a minimalistic cube design with a shelf for my vinyl collection, my TV, Clothes and Shoes. On the cube is a guest bed and inside the cube is a lot of storage space. Remo from www.holzlaborbern.ch transferred my sketches very beautifully. My friend and Photographer Rob Lewis made this great photos.

CJWHO:  facebook  |  twitter  |  pinterest  |  subscribe

hirano-ryo:

GAINAX NET「SF百景」『永久の歯』 ひらのりょう (via GAINAX NET)http://www.gainax.co.jp/gallery/0594.html

世界初の電子戦が行われたのは日露戦争の旅順攻略戦
日本艦隊が発信した電文をロシアの通信兵が同じ周波数で乱打しました。
旅順要塞降伏後、捕虜になったロシアの通信兵と日本の通信兵がお互いに顔を合わせ
「お前だったのか!!!」と大爆笑。特徴があるので通信兵はお互い分かるらしい。
二人は無線機を前に通訳官を間に談笑していたが、数時間後殴り合っていたらしい。
何でも原因は電波の受信を最大にするには出力を大きくするか?、使っていない周波数に合わせるか?
だったそうです。
その後、八木アンテナが開発されて、喧嘩の原因は解決しました。
國學院大学神道学科の先生が、靖国神社は戦死者が祟らないよう怨念を鎮めるのが本来の宗旨だから、英雄と祀り戦争を美化し政治的に利用することは靖国の神に対する冒涜だと指摘する論文を書いたら、神社本庁が大学に圧力。「学問の自由は尊重すべきだが国家護持運動の妨げは駄目」と無茶苦茶だった。
moji:

製作所      (via Froschmann)

  
  

moji:

製作所      (via Froschmann)

  

  

2headedsnake:

Happy Birthday Jane !

2headedsnake:

Happy Birthday Jane !

ある日、青木がメンバーと居酒屋で意見を交わしていた時だった。心臓部のエンジンを担当する主任研究員の山本俊朗が「フィットの1.3リットルのエンジンをパカッと切って半分にしたら、燃費のいいのができる」と話した。最初は「酔った勢いの発言」と受け流していた青木だが、その夜、眠れないほど引っ掛かった。結局、翌日には山本に半分に切ったエンジン開発を指示した。
チキュウハボウリョクノホシダペポ
オバケのQ太郎に登場した宇宙人の台詞
藤子不二雄作より  (via shouichiondemand)

(Source: shouichinarita)

do-nothing:

Make: Japan | Arduinoを活用するための拡張ボード3作

例えば、次のような売り方に合理性がある。


50個仕入れたとして、一気に50個が売れるわけではない。だから10個と40個に分け、別の店舗にて、前者は最安価格よりかなり高めで売り、後者は最安価格で売る。


前者を「かなり高め」に設定するのは、「最安価格より少し高め」と「最安価格よりかなり高め」とどちらのケースでも販売できる個数に大差がないため(上図のグラフを見ればそれが如実にわかる)、それならばかなり高めにしたほうが利益を最大化できるからである


前者が売れ残ったら、後者店舗で売る。前者が売り切れたら後者店舗から在庫を補充する。このように、店舗ごとにそれぞれ異なる価格で販売することで売り手が利益を拡大出来る。


これが店頭販売価格インターネット上の最安価格よりかなり高めに設定し、ネット販売の価格インターネットでの最安価格に設定するという価格設定を行なうことで利益の拡大ができるということに対する合理的な説明である。(最近家電量販店でそういう価格のつけかたをしているところがよくある。)

子供立ち止まってギャン泣きしながら「おがぁひゃーん!おがぁひゃーん!うぇっぶぇっ!おがぁひゃーん!」→母親無視してスタスタスタ→子供「ぞごのっ!ぞごのっ!うづぐじぃ人ぉ!うづぐじぃ人ぉ!」→母親赤面しながら小走りで子供抱き抱え立ち去る。吹いたカフェオレ返せwww

オーブンでも、フライでも、冷凍でも、もっとカリカリのフライを作る方法を紹介します。


水にさらす、または湯がく


130731french_fries_2.jpg


もし、ゼロからフライドポテトを作る場合、そのまま油にぶちこんだり、オーブンにつっこんだりする前に、30分間ぬるま湯にさらしておきましょう。これで加熱する前に余分なデンプンが出て、水分が増えます。

もしくは、1~2分熱湯でサッと湯がいてもOK。自分の場合は、ゆで過ぎでやわらかくなってしまうことがあるので、水にさらす方が安心なのですが。

どちらの方法でも、調理する前に必ず水気をよく切って乾かすこと。余分な水分が残っていると、パーフェクトなカリカリ感になるのを邪魔してしまいます。


くしゃくしゃにしたアルミホイルを敷いて焼く


RedditユーザーのLiquidArroganceさんは、もっとカリっとさせるために、くしゃくしゃにしたアルミホイルを敷いた上にフライドポテトをのせる方法をオススメしています。


130731french_fries_3.jpg


アルミホイルをくしゃくしゃにすることで、ポテトの隙間に、空気が通りやすくなって、熱の逃げ道ができるのです。熱が通り抜けると、揚げ物がカリッとしやすくなります。この方法は、あらゆる食材に使えます。ベーコンとかピザとかナゲットとか、あとベーコンとか。


オーブン用の穴開き皿を使う


130731french_fries_4.jpg


くしゃくしゃホイル法と同じく、オーブン用の穴開き皿を使うと、オーブン内の熱循環がよくなります。熱が穴から逃げることで、穴がない皿よりも、熱がこもらず、火の通りにばらつきがでないのです。こういう穴開き皿がない時は、クッキー用のオーブントレーに穴を開けてもいいでしょう。それが面倒であれば、フォークやペンを使ってホイルに穴を開けてもOKです。


グリル網を使う


フライドポテトをオーブンで焼くなら、よく空気を通すグリル網がもってこいです。


130731french_fries_5.jpg


大きく四角いものは、太めにカットされたポテトやホームメイドタイプのポテトにちょうどいいでしょう。網の下にクッキングシートや、ホイルを敷けば、落ちた油がオーブンの底で焦げついて、家の中が臭くなるのを防げます。一見、不思議に思えますが、コンロを油ギトギトにしないためにも、オーブンで揚げ物を焼くのがベストです(顔まで油ギッシュにならないためにも…)。グリル網を使えば、毎回完璧なカリカリフライが作れること間違いナシです。


130731french_fries_6.jpg


何を焼くにしても、ホイルを敷くのを忘れずに。焦げたトレーを片付けるのは、ホントに大変です。


マクドナルドっぽくしたければ、一旦、凍らせる


調理の行程で冷凍させるなんて、ちょっと信じがたいけれど、マクドナルドっぽいフライドポテトを作りたいなら試してみてください。

ジャガイモを1分くらい油で揚げたら、余分な油を切り、容器に入れて数時間冷凍庫につっこみます。水分がポテトの中に閉じ込められて凍り、表面がキラキラして、外側が固まっておいしくサクサクに仕上がります。


130731french_fries_7.jpg


凍らせたら、油の中にもう一度投入して、きつね色になるまでカリカリに揚げます。もともと部分的に火が通っていたので、生から揚げるより短時間で揚がります。これで、外はさらにカリッと、中はもっとフワッと仕上がるのです。

もし、マクドナルドのフライドポテトをそのまま家庭で再現したいなら、以前に私が書いた記事を読んで、みんなが大好きなビックマックやマックマフィンの作り方と共に、どうやって作っているのか見てください。

さらにカリカリに揚げたり焼いたりするレシピ、募集しています。コメントなどでご意見をください。